for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ケリー被告に懲役2年求刑

ケリー被告に懲役2年求刑

 元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(67)の役員報酬を過少に記載したとして、金融商品取引法違反罪に問われた元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(65)と法人としての日産の論告求刑公判が29日、東京地裁で開かれた。検察側は「保身と金銭的利益を同時に満たそうとする元会長の私欲をかなえようとした。企業の在り方として論外だ」としてケリー被告に懲役2年、日産には罰金2億円を求刑した。

 10月27日にケリー被告、日産双方の弁護側が最終弁論し、結審する。

 検察側は論告で、確実に支払うため、ケリー被告が支払い方法などを検討し「裏報酬のロンダリングをした」と指摘した。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up