for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リコール署名偽造、元社長に有罪

リコール署名偽造、元社長に有罪

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)を巡る署名偽造事件で、名古屋地裁は12日、地方自治法違反(署名偽造)の罪に問われた広告関連会社の元社長山口彬被告(39)に、「直接民主主義や地方自治の根本をないがしろにする悪質な犯罪だ」として懲役1年4月、執行猶予4年(求刑懲役1年4月)の判決を言い渡した。弁護側は罰金刑を求めていた。同事件の刑事裁判で初めての判決。

 山田耕司裁判長は事件全体を「本来存在しない民意を無断で作りだし、地方公共団体の長の地位を失わせようとした」と指摘。主導者は、元県議で運動事務局長の田中孝博被告(60)=同罪で公判中=だったと述べた。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up