for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

感染症危機管理庁を創設

感染症危機管理庁を創設

 政府は、新型コロナウイルスを含むウイルスなどの世界的な大流行に備え「内閣感染症危機管理庁」を名称として首相直轄の司令塔を新たに設ける。岸田文雄首相が15日に記者会見し発表する方針。複数の政府関係者が14日明らかにした。病床不足などへ迅速に対処するため、自治体が病院と事前に結ぶ協定を法的に位置付け実効性を担保する。病床確保を指示できる行政権限の強化を含む対策案の全容も近く発表する。

 コロナ禍では施策が複数の省庁にまたがり、医療体制強化やワクチン接種が遅れたとの批判を浴びたことを踏まえ、首相の下で一元的に対策に取り組む狙い。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up