for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東日本太平洋側で大雨の恐れ

 梅雨前線の影響で、東日本の太平洋側では22日にかけて雷を伴った激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は21日、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水に警戒を呼びかけた。22日午後6時までの24時間予想雨量は東海、関東甲信で120ミリ。

 気象庁によると、梅雨前線が22日にかけて西日本から東日本の太平洋側に停滞し、暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となる見通し。

 九州では21日、非常に激しい雨が降った。鹿児島県肝付町内之浦では1時間に68・5ミリを観測。他に長崎市脇岬で62・0ミリ、鹿児島県中種子町中種子で51・5ミリなど。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up