for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

養鶏場の鳥インフル3例目

 香川県は23日、同県観音寺市の養鶏場で22日に見つかった高病原性鳥インフルエンザ疑いの事例について、遺伝子検査の結果、陽性が確認されたと明らかにした。県内の養鶏場での感染確認は今季3例目で、いずれも観音寺市内。県はこの養鶏場の管理者が出入りする別の二つの養鶏場も含めて計約3万4千羽の殺処分を実施。

 県は感染確認の養鶏場から3キロ圏内を移動制限区域、3~10キロ圏内を搬出制限区域に指定した。

 また、県は2例目の鳥インフル感染が確認された養鶏場などで飼育されていた計約3万3千羽の殺処分が完了したと発表した。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up