July 13, 2009 / 1:36 AM / 9 years ago

中国国家主席、リオ・ティントの従業員拘束を支持―政府筋

 [キャンベラ 13日 ロイター] 13日付の豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド(SMH)が中国政府筋の話として報じたところによると、中国の胡錦濤国家主席は、英豪系資源大手リオ・ティント(RIO.L)(RIO.L)の中国支店従業員4人の拘束につながった中国当局による同社の調査を個人的に支持する姿勢を示した。

 7月13日、豪紙が中国政府筋の話として報じたところによると、中国の胡錦濤国家主席(写真)は英豪系資源大手リオ・ティントの中国支店従業員4人の拘束につながった中国当局による同社の調査を個人的に支持。2007年10月撮影(2009年 ロイター/Jason Lee)

 SMHは、調査は世界的な金融危機を受けた中国による経済運営手段の見直しの一環とみられるとしている。中国は危機を受けてスパイ・安全保障機関を主要な戦略決定機関に格上げしているという。

 国家機密を盗んだ疑いで1週間前に拘束されたのはリオ・ティントの中国支店鉄鉱石マーケティング部門責任者で中国系オーストラリア人のスターン・フー氏をはじめ、同部署に所属する中国人社員3人。これにより、オーストラリアと中国の関係に暗雲がもたらされ、鉄鉱石貿易をめぐる緊張が高まっている。

 SMHが匿名の中国経済アドバイザーの話として報じたところによると、胡国家主席が率いる共産党中央委員会は、温家宝首相率いる国務院(内閣に相当)に代わり、経済に関する決定権を拡大している。

 同筋は、調査が始まったのはリオが中国アルミ業公司(チャイナルコ)との195億ドル規模の提携を撤回し、代わりにBHPビリトン(BHP.AX)(BLT.L)と鉄鉱石事業の合弁会社を設立すると発表した6月5日より前だとし「明らかにチャイナルコとの提携が白紙になったことへの報復ではない」と語った。

 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below