July 15, 2009 / 12:14 AM / 10 years ago

米マイクロソフト「オフィス」にサイバー攻撃、修復ソフト配布

 7月14日、 米マイクロソフトは、統合ソフト「オフィス」搭載パソコンをサイバー攻撃から守る修復ソフトを無料配布。1月撮影(2009年 ロイター/Rick Wilking)

 [ボストン 14日 ロイター] 米マイクロソフト(MSFT.O)は14日、同社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」向けの統合ソフト「オフィス」を搭載したパソコンがサイバー攻撃にさらされていることを明らかにし、攻撃からパソコンを守るパッチ(修復ソフト)の無料配布を始めたと発表した。

 サイバー攻撃は「オフィス」のプログラムミス(バグ)を狙ったもので、マイクロソフトは、攻撃の対象となっているバグに加え、その他9件のバグを修復するソフトを、同社のウェブサイト here で無料配布している。

 マイクロソフトのOS「ウィンドウズ」は、世界中で使われているパソコンの90%に搭載されており、「オフィス」のユーザー件数は約5億件。

 マイクロソフトは今回のサイバー攻撃による被害件数を明らかにしていない。

 コンピューターウィルス対策ソフト大手のマカフィーMFE.Nのアバート・ラボのネットセキュリティー調査部門責任者、デーブ・マーカス氏は「配布されているパッチを使っても、ウィンドウズ搭載のパソコンは危険にさらされ続けている。マイクロソフトは対策をとっているが、サイバー攻撃をしかけている方はその先を行っている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below