July 23, 2009 / 3:18 AM / 10 years ago

NASAが船外活動を途中切り上げ、宇宙服にトラブル発生

 7月22日、NASAは宇宙服のトラブル発生を理由に国際宇宙ステーション外部での船外活動の予定を短縮。写真はクリス・カシディ飛行士。NASA提供(2009年 ロイター)

 [ケープカナベラル(米フロリダ州) 22日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)は22日、国際宇宙ステーション(ISS)の外部での船外活動の予定を短縮した。当局によると、飛行士1人の宇宙服の二酸化炭素量が増え始めたため。

 スペースシャトル「エンデバー」のベテランクルー、デビッド・ウルフ飛行士と新人のクリス・カシディ飛行士の船外活動は、2000GMT(日本時間23日午前5時)前に急きょ中止が決まった。2人は当時、すでに6時間にわたってISSの太陽光発電システムの電池を取り替える船外活動を行っていた。

 問題が起きたのはカシディ飛行士の宇宙服で、センサーが二酸化炭素量の増加を示していたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below