Reuters logo
UCLAが俗語辞典を改訂、「オバマ」は形容詞に
2009年8月3日 / 04:50 / 8年後

UCLAが俗語辞典を改訂、「オバマ」は形容詞に

 [ロサンゼルス 2日 ロイター] 今月出版されるUCLA(米カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の俗語辞典第6版で、「オバマ」などの言葉が新たに収録された。

 8月2日、UCLAの改訂版俗語辞典で「オバマ」は形容詞として掲載されることが明らかに。写真は先月、ホワイトハウスでのオバマ米大統領(2009年 ロイター/Jason Reed)

 4年毎に改訂発行されているこの辞典は、言語学のパメラ・マンロー教授と学生らが編集。俗語は学生が友人らから集め、スペルや定義に間違いがないか詳しく調べるなど、秩序だった手順を踏んで作られているという。

 俗語の仲間入りを果たした米大統領の名前「オバマ」はかっこいいという意味で、「君ってすごくオバマだね」などの用法で使用できる。そのほか、「かわいい」、「貴重」などの意味で使われる「presh」や、親密でプラトニックな関係を意味する「Bromance」などが収録されている。

 また、これらの言葉になじみのない人は、「知らなかった(I didn’t know.)」を略した「I.D.K.」を使えば良いという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below