Reuters logo
オーストラリア、海外からの投資規制を緩和へ=財務相
2009年8月4日 / 00:10 / 8年後

オーストラリア、海外からの投資規制を緩和へ=財務相

 [シドニー 4日 ロイター] オーストラリアのスワン財務相は4日、海外からの投資に関する規制を緩和すると発表した。海外からの投資をめぐっては最近、中国との間で緊張が高まった経緯があり、規制緩和によって投資受け入れに積極的な姿勢を示す狙いがあるとみられる。

 8月4日、スワン豪財務相が海外からの投資規制を緩和すると発表。シドニーで6月30日撮影(2009年 ロイター/Daniel Munoz)

 同相はトムソン・ロイターのイベントに参加。規制緩和により、オーストラリア外資審議会(FIRB)に申請せずに実行できる案件が増え、投資手続きが加速することになるとの見方を示した。

 「投資先としての競争力や、魅力を高めることを望む」と同相は述べた。

 FIRBは今後も、海外からの大型の投資案件について、その可否を審査する役割を担う。ただ同相によると、既存事業への民間投資については、FIRBへの申請が必要になる案件の規模を、現在の1億豪ドル(約8400万米ドル)から2億1900万豪ドルへと倍に引き上げる。投資案件の約20%が、FIRBへの申請が不要となるという。

 外国政府による投資計画についてはこれまで通りの規制を維持する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below