August 11, 2009 / 12:45 AM / 9 years ago

サンテック、太陽光パネル生産で世界1位に=アイサプライ

 [ロサンゼルス 10日 ロイター] 米調査会社アイサプライが10日発表したリポートによると、中国のサンテックパワー・ホールディングスSTP.Nは今年、独QセルズQCEG.DEを抜いて世界最大の太陽光パネルメーカーになる見通し。

 8月10日、アイサプライによると、中国のサンテックが2009年に太陽光パネル生産で世界1位になる見通し。写真はラスベガスのネリス空軍基地に設置された太陽光パネル。5月27日撮影。提供写真(2009年 ロイター/Airman 1st Class Nadine Y. Barclay/U.S. Air Force)

 アイサプライのアナリスト、ヘニング・ウィッチ氏は声明で、サンテックとシャープ(6753.T)、英利緑色能源YGE.N、晶澳太陽能(JAソーラー・ホールディングス)JASO.Oは「リセッション(景気後退)など無かったかのように」生産拡大を続けることでシェア確保を図っていると指摘。

 一方、Qセルズや米サンパワーSPWRA.O、英BPソーラー(BP.L)などのメーカーは、太陽光パネルや太陽電池の供給過剰によって価格が下落する中、減産または拡張計画の調整を行っているとし、これらのメーカーは中短期的な戦略が行き詰まったとの見方を示した。

 2009年の太陽光パネル生産は前年比14.3%増の7.5ギガワットとなる見通し。ただ、年内に設置される能力は3.9ギガワットと、半分程度にとどまるとみられている。

 ウィッチ氏は「この在庫過剰は太陽光ビジネスに長期的な影響を及ぼす見込みで、パネルの供給過剰は2012年まで続くだろう」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below