August 13, 2009 / 6:20 AM / 11 years ago

ロシア人のアルコール摂取、大統領が「国レベルの惨事」

 8月12日、ロシア人の過剰なアルコール摂取にメドベージェフ大統領も「国レベルの惨事」と驚き。写真は消毒用アルコールを飲む男性。モスクワで2006年10月撮影(2009年 ロイター/Thomas Peter)

 [モスクワ 12日 ロイター] ロシアのメドベージェフ大統領は12日、国民の飲酒量を減らす対策が功を奏していないことを受け、アルコールの過剰摂取は「国レベルの惨事」だと強調した。

 政府が公開した記録によると、同大統領は、南部の保養地ソチで開かれた政府高官らとの会合で、「率直に言えば、何も変わっていないと思う」と発言。ロシア人の飲酒量が純アルコールにして1人当たり年間18リットルという公式データにショックを受け、「信じられない量だ」と話した。また、「1世紀も続いてきた問題を、1夜で解決することはできない」との見解を示した。  

 これに対し、ゴリコワ保健社会発展相も、新たな対策を打ち出す必要があるとの考えを示した上で、「1985年から1990年にゴルバチョフ政権が実施した対策には様々な評価があるが、死亡率が大幅に低下し、5年間で100万人もの人が救われた」と、当時の政策を高く評価した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below