August 21, 2009 / 7:47 AM / 10 years ago

ファンドの音楽著作権投資が増加、安定した収入源に

 8月20日、ファンドによる音楽著作権への投資に人気。写真はFirst State Media Group Ltd運営のファンドが音楽著作権を購入したシェリル・クロウ。ハリウッドで2月撮影(2009年 ロイター/Mario Anzuoni)

 [ロンドン 20日 ロイター] オーストラリアのコモンウェルス銀行が50%出資するグループ、First State Media Group Ltd. (FSMG)の運営するファンドが、米歌手シェリル・クロウの音楽著作権を購入したことが分かった。

 音楽著作権を所有すれば、ラジオなどで楽曲が流れる度に著作権使用料を受け取ることができ、安定した収入源を得られる投資として人気が高まっている。

 オランダ公的年金ABPは今年4月、約2億ドルでロジャース&ハマースタインの音楽著作権を譲り受けており、プライベートエクイティのペガサス・キャピタルも、音楽出版社のSpirit Music Groupを5500万ドルで買収した。

 一方で、音楽CDなどの販売は、海賊版の被害やデジタル販売の影響で、近年は減少の一途をたどっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below