August 24, 2009 / 1:06 AM / 10 years ago

米経済は回復したが、腰折れのリスクも=フェルドシュタイン氏

 8月22日、全米経済研究所元所長のフェルドシュタイン・ハーバード大学教授は、米経済は回復したが再び下降するリスクも依然としてあると語った。昨年6月撮影(2009年 ロイター/Brendan McDermid)

 [ジャクソンホール(米ワイオミング州) 22日 ロイター] 全米経済研究所(NBER)元所長のフェルドシュタイン・ハーバード大学教授は22日、ロイター・テレビに対し、米経済は回復したが、再び下降するリスクも依然としてあると語った。

 同氏は「第3・四半期は良い四半期となるだろう。だが、第3もしくは第4・四半期後にもそれが本当に持続可能か、あるいは再び減速や下降が見られるかを考えている」と述べた。

 また、米連邦準備理事会(FRB)が「すぐにも」異例の流動性供給策を解除し、金利を引き上げるとは予想していないとし、「FRBは経済の進展を見守るだろう」と指摘した。

 米中古住宅販売戸数の最近の増加傾向については、差し押さえ物件の販売増加も反映しているため深読みしないとし、「住宅価格が実際に底入れしたと確信する前に、あと1、2カ月の数字を見る必要がある」と述べた。

 オバマ大統領がバーナンキFRB議長を再任する可能性については「適切な再任だと思う。議長はこれまで非常に創造的で技術的にも優秀だった。しかし大統領の考え次第だ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below