August 26, 2009 / 3:35 AM / 10 years ago

三菱重工が大容量リチウムイオン電池事業に参入、2013年に量産へ

 [東京 26日 ロイター] 三菱重工業(7011.T)は26日、大容量リチウムイオン電池事業に参入すると発表した。産業機器の駆動用や風力発電装置の蓄電など産業用用途を狙い2013年の量産開始を目指す。

 三菱重工は九州電力(9508.T)と共同で過去20年間リチウムイオン電池の技術開発を進めてきたが、太陽光発電など自然エネルギーの活用に不可欠な蓄電用需要が加速しつつあるなか事業化を決めた格好。年内に長崎造船所内に年産66メガワット時(MWh)の実証工場を建設し、13年にも200─300MWh規模で量産する。 

 当面フォークリフトやバス、路面電車など自社製品への搭載を中心に供給する。米ベタープレイスなどが提唱している電池交換式電気自動車向け搭載も検討しており、「共同事業化で情報交換している」(福江一郎副社長)。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below