September 4, 2009 / 4:52 AM / in 10 years

中国、IMF債購入にドルでなく人民元を使用=合意文書

 9月4日、中国がIMF債購入にドルでなく人民元を使用することが明らかに。写真は瀋陽の銀行で人民元紙幣を数える銀行員。昨年11月撮影(2009年 ロイター)

 [北京 4日 ロイター] 中国は、国際通貨基金(IMF)が発行する最大500億ドルの債券の購入に当たり、ドルではなく人民元を使用する意向。中国人民銀行(中央銀行)とIMFの合意文書で明らかになった。

 それによると、中国はIMFの合成通貨単位である特別引き出し権(SDR)建て債券に最大3412億元を支払う見通し。換算レートは8月25日のもの。

 中国はIMF債をドルで購入するとみられていた。

 合意文書は、IMF債の支払いは「SDRと同等の人民元のIMF口座への振り込みにより行われる」と明記している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below