September 4, 2009 / 12:24 PM / in 11 years

米当局にシティ救済の出口戦略なし─TARP監督委員長=新聞

 4日、米TARP監督委員長はNYポスト紙とのインタビューで、米当局はシティグループの救済に出口戦略を欠いていると述べた。写真は8月、ニューヨークで撮影(2009年 ロイター/Lucas Jackson)

 [4日 ロイター] 米議会の不良資産救済プログラム(TARP)監督委員会のエリザベス・ウォーレン委員長は、米紙ニューヨーク・ポストとのインタビューで、米当局はシティグループ(C.N)の救済において透明性と明確な出口戦略を欠いているとの見解を示した。

 同委員長は同紙に対し「(企業が)大きすぎて潰せないが、成功するほど強くないという考えは、決して出口戦略ではない」と語った。

 シティグループはTARPのもとで米政府から450億ドルの公的資金の注入を受けた。米政府は現在、シティ株の34%を保有している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below