September 7, 2009 / 2:37 AM / 11 years ago

韓国LG電子、10年の液晶テレビ販売は約50%増の見通し=幹部

 [ソウル/ベルリン 6日 ロイター] 韓国の家電・携帯電話メーカー、LG電子(066570.KS)は、来年の液晶テレビの販売台数が50%近く増加すると見込んでいる。新興国からの需要の伸びが引き続き力強いという。

 欧州最大の家電見本市「IFA」を前にソウルで記者会見に臨んだ同社ホーム・エンターテインメント部門責任者、サイモン・カン氏の発言内容が7日解禁された。

 LG電子の08年の液晶テレビ販売台数は1050万台で、09年は約1700万台、10年は2500万台に達する見通し。

 同氏は「フラットスクリーンテレビ市場は、下期も成長が続く見通しだ。ただ、上期からは伸びが鈍化するだろう」と指摘した。  

 また同氏はロイターに対し「年末商戦はもちろん、来年もこの勢いが持続するとかなりの自信を持っている」と述べた。また世界的な景気減速にもかかわらず、今年の液晶テレビ市場は予想以上の伸びを見せており、液晶パネルの供給がひっ迫していなければ、LG電子の今年の液晶テレビ販売はより大幅な伸びになった可能性がある、との見方を示した。

 また10年のフラットスクリーンテレビ販売見通しに関して「先進国の伸びは2─3%と限定的な見通しだが、BRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)など新興国では2けたの伸びになる可能性がある」と指摘した。

 4─6月期の世界の液晶テレビ出荷台数におけるLG電子シェアは11.8%で、18.8%で首位の韓国サムスンに続いている。3位はソニー(6758.T)で10.7%。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below