September 24, 2009 / 1:01 AM / 11 years ago

アイフル、事業再生ADR活用で店舗削減や希望退職者募集

 9月24日、アイフルが事業再生ADR活用で店舗削減や希望退職者募集。写真は都内の同社店舗。7月撮影(2009年 ロイター)

 [東京 24日 ロイター] アイフル(8515.T)は24日、「産業活力再生特別措置法所定の特定認証紛争解決手続」(事業再生ADR手続)の手続きを正式に申請し、事業再生実務家協会より正式に受理されたと発表した。

 同時に、子会社ライフと合わせて2000人程度の希望退職者募集などを柱とした事業再生計画案を発表した。

 事業再生計画案ではアイフルの有人店舗を96から30店舗程度、無人店舗を837から650店舗程度に削減するほか、ライフの営業支店11店を全廃し、ライフカード店を15店舗から2店舗へ削減するとしている。

 同時にアイフルで1300人程度、ライフで700人程度の希望退職者を募集する。

 そのうえで金融機関に借入金債務の元本の残高維持や弁済スケジュールの変更など金融支援を要請する予定となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below