September 29, 2009 / 4:36 PM / in 11 years

7月ケース・シラー米住宅価格は3カ月連続で上昇、予想上回る伸び

 9月29日、S&P/ケース・シラーが発表した7月の住宅価格指数は3カ月連続で上昇した。伸びは予想を上回り、住宅市場が安定化しつつあることを示唆した(2009年 ロイター/Jessica Rinaldi)

 [ニューヨーク 29日 ロイター] スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラーが発表した7月の住宅価格指数は3カ月連続で上昇した。伸びは予想を上回り、住宅市場が安定化しつつあることを示唆した。

 主要20都市圏の価格指数は前月比1.6%上昇。ロイターがまとめたエコノミスト予想は0.5%上昇だった。前月は1.4%上昇だった。

 主要10都市圏の価格指数は前月比1.7%上昇。前月は1.4%上昇だった。

 S&Pの指数を算出する委員会のデビッド・ブリッツァー委員長は声明で「住宅価格安定化の兆しを引き続き裏付ける数字だが、初回住宅購入に対する税控除措置の11月終了に加え、失業率の上昇や差し押さえの増加が見込まれるなか、住宅市場が持ちこたえるか今後数カ月は慎重を期す必要がある」と述べた。

 8000ドルの初回住宅購入者向け税控除措置は11月末に終了する。

 前年比では、主要20都市圏の価格指数が13.3%低下、主要10都市圏は12.8%低下。

 前年比の落ち込みは主要20都市で全般的に鈍化。前月比ではシアトルとラスベガスだけが低下した。

 全米の住宅価格平均は2003年秋に見られた水準と一致。S&Pによると、06年第2・四半期のピークに比べて主要20都市圏価格指数は32.6%、主要10都市圏は33.5%、それぞれ低下している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below