September 29, 2009 / 5:07 PM / 11 years ago

9月米CB消費者信頼感指数が予想外の低下、雇用の悪化目立つ

 9月29日、米大手民間調査機関のコンファレンス・ボード(CB)が発表した9月の消費者信頼感指数は53.1で前月の54.5から予想外に低下した(2009年 ロイター/Lucas Jackson)

 [ニューヨーク 29日 ロイター] 米大手民間調査機関のコンファレンス・ボード(CB)が発表した9月の消費者信頼感指数は53.1で前月の54.5から予想外に低下した。

 エコノミストは57.0への上昇を見込んでいた。

 内訳では、雇用関連項目で就職の困難さを示す指数が前月の44.3から47.0に悪化。雇用が十分にあることを示す指数も前月の4.3から3.4と、1983年2月以来の水準にに悪化した。

 1年インフレ期待指数は5.2に低下、2007年10月以来の水準となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below