October 6, 2009 / 3:58 AM / 10 years ago

パキスタンの国連施設に自爆攻撃、職員5人死亡

 10月5日、パキスタンの首都イスラマバードで世界食糧計画に対する自爆攻撃があり、職員5人が死亡。写真は現場を調べる捜査当局者ら(2009年 ロイター)

 [イスラマバード 5日 ロイター] パキスタン政府と国連の当局者によると、パキスタンの首都イスラマバードで5日、国連機関である世界食糧計画(WFP)の事務所に対する自爆攻撃が発生し、職員5人が死亡した。

 WFPのスポークスマンは、死亡した5人はパキスタン人4人とイラク人1人で、このうち2人が女性だったと説明している。

 また、パキスタン政府当局者によると、自爆犯は民兵組織の兵士に扮した上で、トイレを貸して欲しいなどと言ってWFPの事務所内に入り込んでいた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below