October 16, 2009 / 1:11 AM / 10 years ago

体操の世界選手権、内村が金メダル・田中は4位

 10月15日、体操世界選手権の男子個人総合で北京五輪銀メダリストの内村が金メダル獲得(2009年 ロイター/Jerry Lampen)

 [ロンドン 15日 ロイター] 体操の世界選手権は15日、当地のO2アリーナで男子の個人総合決勝を行い、予選をトップで通過した北京五輪銀メダリストの内村航平(20)が全6種目でほぼノーミスの見事な演技をみせ、合計91.500点で優勝した。

 内村は「満足のいく演技ではなかったが、最後まで耐えることができたのが結果につながった」などとコメントした。

 ダニエル・キーティングス(英国)が88.925点の2位、ユーリ・リャザノフ(ロシア)が3位、田中和仁が4位に入賞した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below