November 2, 2009 / 3:16 AM / 11 years ago

北米映画興行収入=M・ジャクソンの映画が初登場1位

 11月1日、北米映画興行収入は「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」が2130万ドルで1位に。写真は先月28日、インドのムンバイで同映画の上映映画館に並ぶファン(2009年 ロイター/Arko Datta)

 [ロサンゼルス 1日 ロイター] 映画スタジオの推計に基づく10月30日―11月1日の北米映画興行収入は、6月に急死した米歌手マイケル・ジャクソンさんのリハーサル映像などを映画化した「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」が2130万ドル(約19億2000万円)で1位となった。

 配給元のコロンビア・ピクチャーズによると、同作品の上映開始から5日間の興行収入は、全世界で1億0100万ドル(約90億7000万円)に上った。

 そのうち、北米が3250万ドル(約29億2000万円)で、北米以外で最も高い興収を記録した日本が1040万ドル(約9億3000万円)。英国が、760万ドル(約6億8000万円)でこれに続いた。

 同社は、当初2週間限定とされていた上映期間を、北米では感謝祭の週末にあたる11月29日までに延長。北米以外でも、状況に応じて延長すると発表している。

 そのほか、先週1位だった低予算のホラー映画「Paranormal Activity(原題)」が1650万ドルで2位に後退。公開6週目となった同作品の累計興行収入は、8480万ドルとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below