November 6, 2009 / 2:21 AM / 10 years ago

楽天証券、今年12月にもCFDの取り扱いを開始

 [東京 6日 ロイター] 楽天証券は今年12月を目処に、CFD(Contract for Difference:差金決済取引)の取り扱いを開始する。

 CFDは、世界各国の市場の株式・株価指数、商品などを対象とし、その対象となる原資産の値動きを反映する金融派生商品で、原資産を保有することなく売買価格の差額を決算する取引。信用取引やFX(外国為替証拠金取引)同様に、売りポジションからの取引もできるため、市場の状況に応じた柔軟な取引が可能となっている。

 楽天証券が提供する「楽天CFD」では、既に取り扱っている米国株式や中国株式のうち、サービス開始時点では厳選した390銘柄(米国348銘柄、中国42銘柄)をCFDでも取引できるほか、各国の指数に連動した海外ETF(上場投信)もCFDでの取引が可能になる。またコモディティ(現物・先物)CFDも取り扱う。

 このため、買いポジションは現物で保有し、売りポジションをCFDで保有するという戦略が可能であったり、個別株を買いポジション、その国の指数に連動したETFを売りポジションで保有することなども可能になる。

 なお、従来CFD取引の際には、英語表記を含む情報画面や取引画面を利用する必要があったが、楽天CFDでは取引に必要な画面をすべて日本語表記に統一した、という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below