November 10, 2009 / 5:38 AM / 10 years ago

コアラの数が急減、30年で絶滅の恐れも=豪研究者

 11月10日、コアラの数が急減し、向こう30年で絶滅の恐れも。写真はメルボルン近郊のアニマルパーク。10月撮影(2009年 ロイター/ANIMALS ENVIRONMENT SOCIETY)

 [キャンベラ 10日 ロイター] オーストラリア・コアラ基金の研究チームは10日、山林開発や山火事、地球温暖化の影響でコアラの生息数が急速に減少しており、向こう30年で絶滅する恐れもあると警告した。

 同基金によると、オーストラリア大陸の現在のコアラの生息数は4万3000─8万頭。10万頭以上とされていた過去の推計を大幅に下回っている。

 コアラ基金の代表を務めるデボラ・タバート氏は「コアラはあらゆる場所で数が減っている。木を切り続けていけば、コアラはいなくなってしまう」と述べた。

 同基金はオーストラリア政府に対し、コアラを絶滅危惧(きぐ)種に指定するよう求めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below