November 30, 2009 / 8:29 AM / 9 years ago

スイスでモスク尖塔の建設を禁止、国民投票で可決

 11月29日、スイスでイスラム教寺院の尖塔の建設を禁止すべきかどうかを問う国民投票が行われ、57.5%の賛成で可決された。写真はウィンタートゥールのイスラム教寺院。10月撮影(2009年 ロイター/Christian Hartmann)

 [ジュネーブ 29日 ロイター] スイスで29日、ミナレット(イスラム教寺院の尖塔)の建設を禁止すべきかどうかを問う国民投票が行われ、57.5%の賛成で可決された。ビドマーシュルンプフ司法警察相は、貿易や観光に悪影響を与える可能性もあるとして、懸念を表明している。

 スイス通信などによると、保守派の国民党が主導したこの投票で、全26州のうち4州以外はすべて賛成に回った。

 政府は、寛容の伝統を重んじ信仰の自由を認めている憲法に反するとして、反対を呼びかけていたが、国民の決断を尊重し、ミナレットの新設を禁止すると発表。一方で、「スイスのイスラム教徒はこれまで通り、宗教上の教えを実践できる」と述べた。

 ドイツの日刊紙、南ドイツ新聞は、30日に掲載予定の社説で、投票結果は「大問題」だと非難。ヨーロッパでこのような建設禁止が決まったのはスイスが初めてで、スイスの憲法や欧州人権条約に違反すると指摘している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below