December 1, 2009 / 4:36 AM / 9 years ago

トップ会談前に日銀が決断、意外感で市場は反応

 [東京 1日 ロイター] 日銀が意外なタイミングで追加緩和策を検討すると発表、金融市場では金融政策に敏感な円債や金利先物が急上昇した。為替市場でも円が幅広く売られ、株式市場では日経平均がマイナス圏から切り返した。政府との足並みの乱れが指摘されていた日銀があすの政府とのトップ会談を前に先行して動いた格好で、市場はこの後発表される緩和策の内容に注目している。

 12月1日、日銀が意外なタイミングで追加緩和策を検討すると発表、金融市場では金融政策に敏感な円債や金利先物が急上昇した。写真は株価ボード。9月、都内で撮影(2009年 ロイター/Toru Hanai)

 日銀の動きに最も敏感に反応したのはユーロ円3カ月金利先物市場。中心限月2010年06月限は一時、前日清算値に比べて13ティック高い99.710まで上昇。量的緩和政策が導入されていた05年9月以来の高値に達した。金先の価格急騰を受け、東京金融取引所は緊急証拠金制度を発動した。同制度の発動は、2008年12月17日以来。

 その他の短期取引でも「政策金利のさらなる引き下げはさすがにないだろう、と思いつつも、万が一のリスクを警戒」(国内金融機関)しており、ターム物取引では資金の出し手、取り手がともに様子見となり気配が消えるなど、緊張感が漂っている。

 円債市場も上昇。短期筋からの買い戻しが優勢となった。国債先物12月限は140円を回復、現物市場でも軒並み金利が急低下した。5年債利回りは2005年9月2日以来、4年3カ月ぶりに0.5%を割り込んだ。

 日興コーディアル証券・チーフマーケットエコノミストの岩下真理氏は「日銀は、何もしないことで市場が混乱することを恐れているのだろう」と話す。

 為替市場では円売りが目立った。

 ドル/円は87円台を回復。日銀の会合開催の発表で、86円前半だったドル/円はチャート・ポイントの87.10円を一時上抜き、129円後半だったユーロ/円は130円後半まで約100ポイント上昇した。

 ドイツ証券のシニア為替ストラテジスト、深谷幸司氏は「当座預金残高の拡大や、国債買い入れなどが考えられる。取りやめが決まったコマーシャルペーパー(CP)・社債の買い入れ、企業金融支援特別オペの延長などにとどまったとしても、それなりの円高是正効果はありそうだ」としている。ドル/円への影響については「投機的な動きは出にくくなり、85円は堅くなる。円高に一定の歯止めがかかるだろう。90円から上に戻れるかどうかだ」という。

 きょうの閣議後の記者会見では、閣僚がそろって日銀への圧力を強めた。藤井財務相は閣議後の会見で「量的緩和に仮になれば経済効果がある」と語り、亀井金融担当相は「日銀はリップサービスだけでは対応できない、対策・中身を具体的に」と迫った。

 これを受けて、市場では「円高進行で政府は相当焦っている。量的緩和と為替介入が円高是正に向けて一番わかりやすいメッセージであり、日銀は量的緩和に追い込まれることになりそうだ」(大手銀行)との見方から、日銀の対応に注目が集まっていた。

 日銀が量的緩和に踏み込むとすれば政府に押し切られた形になるが、ドイツ証券の深谷氏は「政策として正しい。米国に比べて緩和規模が小さいことが円高の背景との見方もあり、日銀の独立性を問題にすべきではない。政府との足並みがそろったとみるべきだ」とみている。

 株式市場は、円安に動いた為替相場を受け、輸出関連に買いが入った。「リーマンショック後にバランスシートを急拡大させたFRBに対し、日銀は比較的健全性を保ってきた。海外勢からは危機意識のなさとみられてきたが、日銀はどのような策を打ち出すのか。円高に歯止めがかかれば株価にも好影響を及ぼしそうだ」(外資系証券)との声が出ている。

 (ロイター日本語ニュース 橋本 浩記者:編集 山川 薫)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below