December 3, 2009 / 2:56 AM / 10 years ago

インド、GDP当たりCO2排出量を20年までに24%削減も

 12月2日、インドがGDP当たりCO2排出量を2020年までに24%削減する目標提示の可能性。写真はコルカタの肥料工場。10月撮影(2009年 ロイター/Parth Sanyal)

 [ニューデリー 2日 ロイター] インドは2020年までに、一定の国内総生産(GDP)に対する二酸化炭素(CO2)排出量を05年比で24%削減する目標を提示する可能性がある。

 政府の暫定予測データをロイターが2日入手した。

 さまざまな省庁の分析を基に作成されたデータによると、インドは30年までに炭素排出量を05年比で37%削減できる可能性がある。

 インドの削減数値は、同国が20年までにエネルギー効率を07年比で20%向上させるとの予測に基づいている。

 世界第4位の温暖化ガス排出国であるインドに対しては、排出量抑制に関する具体策を示すよう各国からの圧力が高まっており、目標を提示することにより、インドはコペンハーゲンで開催される国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、交渉を優位に進めることが可能となる見通し。

 2大排出国である米中2カ国が削減目標を示したことで、インドは主要排出国の中で唯一、目標の提示が遅れていた。

 政府筋によると、ラメシュ国務相(環境・森林省担当)は3日、議会に対し削減目標を提示する見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below