December 4, 2009 / 6:19 AM / 9 years ago

ボクシング=ホプキンス、復帰戦で判定勝利

 12月2日、ボクシングの元統一世界ミドル級王者、バーナード・ホプキンスが14カ月ぶりの復帰戦で白星を飾った(2009年 ロイター/Tim Shaffer)

 [フィラデルフィア 2日 ロイター] ボクシングの元統一世界ミドル級王者、バーナード・ホプキンス(44、米国)が2日、ライトヘビー級のノンタイトル戦を行い、対戦相手のエンリケ・オルネラス(メキシコ)を3―0(120―109、119―109、118―110)の判定で下し、14カ月ぶりの復帰戦で白星を飾った。

 これにより、ホプキンスのプロ戦績は50勝5敗1分け(32KO勝利)になった。

 ホプキンスは試合後、階級をヘビー級にあげ、世界ボクシング協会(WBA)ヘビー王者のデービッド・ヘイ(英国)に挑戦することを示唆した。

 ホプキンスはまた、長年のライバルだった元4階級世界王者のロイ・ジョーンズ・ジュニア(40、米国)との対戦を望んでいるが、ジョーンズは2日に行われた国際ボクシング機構(IBO)クルーザー級の世界タイトルマッチ戦で、王者のダニー・グリーン(36、オーストラリア)に1回2分2秒テクニカルノックアウト(TKO)負けを喫した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below