December 16, 2009 / 1:43 AM / 10 years ago

日銀が追加ショックの影響見極め、下振れ認識の段階で新たな対応辞さず

 [東京 16日 ロイター] 日銀は17、18日開催の金融政策決定会合で、ドバイショックや円高などをきっかけとした追加ショックが日本経済に及ぼす影響について、あらためて点検する。日銀は1日開いた臨時会合で、政策金利と同じ0.1%で3カ月貸し出す新型オペの導入を決めたばかりだが、市場の急変などにより下振れリスクが高まったと判断すれば、追加策も辞さない構えだ。ただ、現時点では「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)で示した中心シナリオを変えなければいけないほどの変化が生じているとはみていない。

 12月16日、日銀は17、18日開催の金融政策決定会合で、ドバイショックや円高などをきっかけとした追加ショックが日本経済に及ぼす影響について、あらためて点検する。写真は都内の日銀本店。2008年12月撮影(2009年 ロイター/Yuriko Nakao)

 <金利据え置き公算も追加ショックあれば対応>

 日銀は1日の臨時会合で導入した新型オペについて、当初の目論見どおり、やや長めの金利の低下を促したと評価しており、次回会合では政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標は0.1%前後に据え置く公算が大きい。ただ、警戒態勢を解いたわけではなく、もう一度何らかのショックが加わり、下振れリスクが高まったと経済指標などで確認できれば、追加策も辞さない構えだ。その際、候補に上がるのは、新型オペの強化。ターム物金利の上昇圧力が強まれば、10兆円程度としている供給額の増額も選択肢として浮上しそうだ。

 一方、市場でくすぶっているゼロ金利政策の可能性については、金融市場や金融機関経営に与える副作用が大きいとして、現時点では慎重な意見が大半だ。加えて、ゼロ金利にすると、金融機関の資金がさらに国債に向かう可能性が高いとして、それが行き過ぎを生じさせるリスクにも懸念を示す。

 ただ、市場には、足元の無担保コール翌日物金利の加重平均がこのところ政策金利である0.1%を割り込んでいることから、市場に潤沢に資金を供給する方針と、ディレクティブとの両立の難しさを指摘する声がある。かつて日銀は金融市場調節方針に「なお書き」を付して、誘導目標を柔軟に対応したことがあったが、何らかの形でゼロ金利を容認してくるのではないか、といった観測も出ている。

 時間軸に関しては、新型オペを導入したこともあり、日銀は足元でその必要性を感じていないが、将来導入の可能性まで排除しているわけではない。その際は、消費者物価指数(CPI)の前年比でみて0─2%程度となっている、政策委員が中長期的にみて物価が安定していると理解する物価上昇率(中長期的な物価安定の理解)のあり方が議論として浮上する可能性もありそうだ。

 市場では、日銀の「次の一手」は長期国債の買入れ増額を予想する声が多い。これについて日銀は、保有する長期国債残高が銀行券の発行件残高を超えないとする「銀行券ルール」を踏まえると、増額余地が少ないとの判断を変えていない。さらに買い入れ増額が中央銀行による国債引き受け連想につながれば、かえって長期金利が上昇しかねない、と警鐘を鳴らす。

 もっとも銀行券ルール上の買い入れ余地はあくまで予測に基づくものであり、金融市場の状況によっては、まったく増額余地がないとまでは言えないようだ。

 <1月中間評価で判断も>

 日銀は14日発表の12月全国企業短期経済観測調査(短観)で「景気は持ち直していくが、2010年度半ばごろまでは、そのペースは緩やかなものにとどまる」という展望リポートの見通しに沿った判断を示しており、現時点ではシナリオを崩すような材料は出てきていない、とみている。

 一方で、ドバイショックや円高などをきっかけに高まった下振れリスクを、今回の措置で払しょくできたかどうか自信を持てずにいるのも事実。ドバイ問題もリスクとして認識されていたにもかかわらず、いざ現実に発生すると、金融市場は大きく反応した。

 今後については、来年1月25、26日開催の決定会合が1つのポイントとなりそうだ。同会合では展望リポートの中間評価が行われるが、これから出てくる経済指標でデフレ・スパイラルや景気下振れのリスクが高まったと判断すれば、さらなる緩和策に踏み切る可能性もありそうだ。 

 (ロイターニュース 志田 義寧記者、取材協力:児玉 成夫記者 編集:田巻 一彦)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below