January 6, 2010 / 12:58 AM / 9 years ago

アイスランド大統領、英・蘭預金者への返済法案署名を拒否

 [レイキャビク 5日 ロイター] アイスランドのグリムソン大統領は5日、経営破たんした同国の銀行の口座に資金を預けていた英国とオランダの預金者に対し、総額50億ドルを超える資金を返済する法案の署名を拒否すると表明した。これを受け、法案成立の是非は国民投票にかけられることになった。

 1月5日、アイスランドのグリムソン大統領が英・蘭預金者への返済法案署名を拒否、国民投票へ。写真は記者会見するグリムソン大統領。レイキャビクで撮影(2010年 ロイター/Robert Reynisson)

 グリムソン大統領が同法案に署名しないと言明したことは、アイスランドが海外から受けようとしている金融支援、ならびに同国の欧州連合(EU)加盟交渉に深刻な影響を与える可能性がある。

 ブリュッセルでアイスランドのEU加盟交渉を担当している同国当局者は、国民投票は4─8週間以内に行われる見通しだと述べた。国民投票の結果は極めて不透明だが、最近の世論調査では国民の約70%が同法案に反対を表明している。

 アイスランドのシグルザルドッティル首相は、アイスランドは国際責務を果たすべく努力を続けると述べた。

 英財務省のマイナーズ金融サービス担当次官は、アイスランドが国民投票で同法案を否決すれば、同国は国際的な金融支援を受けられなくなるとの見方を示し、「アイスランド国民がそのような判断を下した場合、アイスランドは国際金融システムの一部であることなどを拒否することを意味する」と語った。

 格付け会社フィッチ・レーティングスはアイスランドの長期外貨建て格付けを1ノッチ引き下げ、投機的等級の「BBプラス」とした。アウトルックはネガティブ。

 また、スタンダード&プアーズ(S&P)はアイスランドの外貨建て格付け「BBBマイナス」について格下げ方向で「クレジットウォッチ」に指定。今後、格付けを1─2ノッチ引き下げ、投機的等級とする可能性があるとした。

 フィンランド財務省高官は、近隣諸国が予定しているアイスランドへの総額18億ユーロ(26億ドル)の融資実行が遅延する可能性があると述べた。

 国際通貨基金(IMF)は、アイスランドに対する融資プログラムについて、IMF以外の貸し手である北欧近隣諸国が融資提供を続ける限り、預金者への資金返済は同プログラム実施の条件とならない、との考えを示した。

 オランダ政府は「非常に失望している」とし、早急に説明を求めるとした。

 アイスランドでは大統領の職務は基本的に象徴的なもので、建国65年の歴史の中で大統領が法案の署名を拒否した例は、過去に1件しかない。

 グリムソン大統領は記者会見で「国民が権利と責任を手にした」と述べた。大統領の下には、アイスランドの有権者の約4分の1から、国民投票に持ち込むよう署名が寄せられていた。

 アイスランド議会は12月末、同法案をわずかな票差で可決している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below