January 15, 2010 / 5:04 AM / 10 years ago

ハイチ大地震、米国プロスポーツ界からも支援相次ぐ

 1月14日、ハイチ大地震を受け米国プロスポーツ界からも支援相次ぐ。写真はハイチの首都ポルトープランスで仮設避難所に集まる人々(2010年 ロイター/Eduardo Munoz)

 [ニューヨーク 14日 ロイター] 12日にマグニチュード(M)7.0の強い地震に襲われたハイチでは、犠牲者の数が5万人に達すると予想されるなど甚大な被害が出ているが、米国のプロスポーツ界からも相次いで支援の声が上がっている。

 米大リーグ(MLB)のセリグ・コミッショナーは、国連児童基金(ユニセフ)と連携し、被災者の支援に総額100万ドルを寄付すると表明。「この寄付が救援活動の一助になることを望み、ファンの方も寄付するよう呼び掛けたい」と述べた。

 昨シーズンのMLB覇者ニューヨーク・ヤンキースは、球団の公式ウェブサイトを通じ、50万ドル寄付する方針を明らかにしている。

 また、自転車レースのツール・ド・フランスで前人未到の7年連続総合優勝を誇るランス・アームストロングは、自身の基金を通じて25万ドルの寄付を申し出たことを発表した。

 北米アイスホッケー・リーグ(NHL)も、ユニセフを通じて10万ドルを寄付したことを明らかにしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below