January 22, 2010 / 1:16 AM / 8 years ago

米大統領が金融機関の新規制案を発表、金融機関に打撃

 [ワシントン 21日 ロイター] オバマ米大統領は21日、銀行が「大きすぎてつぶせない」状態となるのを防ぐため、金融規制を強化する姿勢を打ち出した。

 発表された規制案は、銀行のトレーディングや拡大路線を制限する内容。

 マサチューセッツ州での上院補欠選挙での敗北を受け、オバマ政権の米経済へのよりポピュリスト的なアプローチに沿っている。

 以下は新規制発表の政治的背景と、議会審議の展望。

 *失業率が10%台に上昇する一方で、大手金融機関の多くが息を吹き返し巨額のボーナスを支給していることに有権者は憤慨。大統領はこの怒りに対処しようとしている。

 *大統領は1週間前にも金融機関に対する金融危機責任料を提案。

 *大統領と民主党は、マサチューセッツ州での上院補欠選挙での敗北が11月の中間選挙に悪影響を及ぼすことを懸念。ホワイトハウスは昨年は医療保険改革に重点をおいていたが、経済問題にも真剣に取り組んでいることを印象付けたい考え。

 *政権は過去数週間ウォール街への友好スタンスが目立ったが、一部の支持者は金融業界とのもたれあいを批判。ガイトナー財務長官とサマーズ米国家経済会議(NEC)委員長はウォール街の利益を尊重しすぎるとの声もあり、今回の提案は政権をこうした批判から遠ざけることに寄与する。

 *今回の発表にはボルカー経済再生諮問会議議長が同席。ボルカー氏は2008年の大統領選挙ではオバマ氏の最重要アドバイザーだったが、最近は友人に疎外感をもらしていた。

 *ボルカー氏は政権が6月に発表した広範囲の金融規制改革より強力な規制を主張。特に、新たに統合された金融機関の多くが「大きすぎてつぶせない」状態になりつつあることに懸念を表明していた。

 *今回の発表はボルカー氏が影響力を取り戻しつつあることを示唆。大統領は、銀行によるヘッジファンドへの投資禁止やトレーディングの制限を「ボルカールール」と表現。

 *今回の提案は議会が検討している広範な改革案の一部とされる見込み。下院は法案を可決し、上院では現在検討中。

 *大統領にとっては、共和党からの反ビジネスとの批判がリスクとなる。銀行が新提案阻止に向け強力なロビー活動を展開することは間違いない。発表を受け、21日に大手銀行の株価は軒並み下落、米株市場全体とドルを押し下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below