January 26, 2010 / 3:52 AM / 9 years ago

サッカー=パラグアイ代表カバニャス、銃撃され重傷

 1月25日、サッカーのパラグアイ代表カバニャスが、頭部を撃たれ重傷であることが明らかに。写真は昨年10月10日撮影(2010年 ロイター/Jorge Silva)

 [メキシコ市 25日 ロイター] サッカーのパラグアイ代表FWサルバドル・カバニャス(29)が、メキシコ市にあるバーで頭部を撃たれ重傷であることが分かった。

 メキシコのクラブ・アメリカに所属するカバニャスは25日にバーのトイレで銃撃された。

 手術を担当したメキシコ市内の病院の医師によると、重篤だが容体は安定しているという。

 南米トップクラスのスコアラーとして有名なカバニャスは、今年開催のワールドカップ(W杯)の南米予選で6ゴールを記録。チームの得点王としてW杯本戦での活躍が期待されていた。パラグアイはW杯1次リーグF組で、イタリア、スロバキア、ニュージーランドと対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below