February 4, 2010 / 4:29 PM / 9 years ago

米新規失業保険申請は48万件、予想外の増加

 2月4日、米労働省が発表した1月30日終了週の新規失業保険週間申請件数は48万件と、予想外に増加した。写真は昨年11月、サンフランシスコの雇用センターで撮影(2010年 ロイター/Robert Galbraith)

 [ワシントン 4日 ロイター] 米労働省が4日発表した1月30日終了週の新規失業保険週間申請件数は、前週比8000件増の48万件と、予想外に増加した。

 アナリスト予想は46万件だった。

 スボド・クマール・アンド・アソシエーツの首席投資ストラテジスト、スボド・クマール氏は、失業保険申請件数はこのところ50万件を下回っているものの、依然として高水準で推移しているとし「雇用の改善が緩やかなペースになることを示唆している」と述べた。

 4週間移動平均は46万8750件と、前週から1万1750件増加した。4週間移動

平均の増加は3週連続。それまでは19週間減少していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below