for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

S&P、「Capital IQ」部門を東京で立ち上げ

 [東京 9日 ロイター] スタンダード&プアーズ(S&P)は、日本においてCapital IQ(キャピタルIQ)部門を創設した、と発表した。Capital IQは、運用会社や投資銀行、プライベート・エクィティやアドバイザリー業者をはじめ、事業会社、大学など世界で4200の組織に財務情報、定量分析、分析ツールなどを包括的なソリューションを提供するスタンダード&プアーズの一部門。

 キャピタルIQソリューションは、Capital IQ(企業分析ツール)、Compustat(企業財務情報)、ClariFI(クオンツ分析ツール)、SystematIQ(クオンツリサーチ) など 、投資分析、スクリーニング、リアルタイム情報、バックテスト、ポートフォリオ管理、金融工学モデルの構築、定量分析といった、顧客の投資・分析業務を支援する包括的な情報、分析ツール。

 同社によると、さまざまな資産クラスを地域横断的にモニターし、投資機会を捕捉する必要が迫られる今日の投資環境下において、Capital IQの詳細かつ広範な情報を利用することで、資産クラスと地域を横断的に分析することができるほか、Capital IQの操作の容易性と、一つのプラットフォームで調査、分析、評価、管理、資料の作成の全てのニーズを充足させる総合的なソリューションを提供する点に強みがあるとしている。

 今回、東京で設立された同部門では、クライアント・サポート、商品・情報スペシャリストを含む金融情報サービス業界で平均12年以上の経歴を有するスタッフを配置している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up