Reuters logo
職場でのイライラ要因、トップは「不機嫌な同僚」=英調査
2010年2月11日 / 06:45 / 8年後

職場でのイライラ要因、トップは「不機嫌な同僚」=英調査

 [ロンドン 10日 ロイター] 英調査会社オピニウムが1836人を対象に実施した調査によると、職場でのイライラの原因のトップは「気難しかったり不機嫌だったりする同僚」(37%)であることが分かった。

 2月10日、英調査によると、職場でのイライラの原因のトップは「気難しかったり不機嫌だったりする同僚」だった。写真は昨年11月、あるオフィスで/Mike Segar)

 また、回答者の3人に1人は職場でのイライラでストレスが増幅した経験があり、10人に1人はイライラが原因で仕事をやめたことがあるとしている。

 そのほかのイライラ要因としては、コンピューターが遅い(36%)、職場でのうわさ話・陰口(19%)、職場独特の用語の使用や経営陣の言葉遣い(18%)、電話で大声で話す人(18%)、職場の安全衛生が細か過ぎる(16%)、トイレのマナーが悪い(16%)、会議に遅れたり来なかったりする人(16%)、キッチンを使用後に片付けない人(15%)、空調が寒過ぎる(15%)、が挙がった。

 また、最も嫌われるオフィス用語は「Thinking outside the box」(既成概念にとらわれないで考える)で21%だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below