February 17, 2010 / 10:11 AM / 9 years ago

五輪=イランのスキー女子代表、メダル期待薄でも「一番」

 2月16日、バンクーバー五輪でイラン初の冬季五輪女子代表になるマルジャン・カルホルさんがロイターのインタビューで意気込みを語った。14日撮影(2010年 ロイター/Leonhard Foege)

 [ウィスラー 16日 ロイター] バンクーバー五輪で、24日の女子大回転と26日の女子回転に出場するマルジャン・カルホルさん(21、イラン)は、メダル獲得のチャンスは薄いかもしれないが、スタートを切る前から「一番」になることがはっきりしている。イラン初の冬季五輪女子代表になるのだ。

 ロイター・テレビのインタビューに応じたカルホルさんは、「そこ(スタートゲート)に立つときには、とても、とてもうれしいと思う。私の目標の1つは、イスラム教徒の女性に制限はないこと、ヒジャーブ(体を覆う布)をまとっていても何でも好きなことができ、自分のように五輪に出ることも可能と伝えること」と語り、母国の女性スキーヤーのロールモデルとなれることを誇りに思うと話した。

 小さな部屋で行われたインタビューには終始5人の男性が同席し、カルホルさんは頭部を覆うスカーフとさらに首にもスカーフを巻いた姿。インタビュー開始前には男性の1人が首のスカーフをきっちり巻くよう指示を出したほか、インタビュー中もカルホルさんが質問に答える前に割り込む場面が少なくとも2度あった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below