February 23, 2010 / 10:20 PM / 9 years ago

五輪=高額所得のキム・ヨナ、メダルなければバッシングも

 2月23日、高額所得のキム・ヨナがメダルを取れなかった場合、バッシングが起きる可能性があるとの指摘も。写真は22日の公式練習でのキム・ヨナ(2010年 ロイター/Lyle Stafford)

 [ソウル 23日 ロイター] バンクーバー冬季五輪の出場選手は多くの場合、メダルを持ち帰れば母国で英雄視される。しかし、フィギュアスケート女子の優勝候補であるキム・ヨナ(韓国)は金メダルを取れなければ、大きなバッシングを受ける可能性がある。

 米フォーブス誌は先に、バンクーバー五輪出場選手の2009年所得番付を発表。韓国で複数の大企業とスポンサー契約を結ぶキム・ヨナは推定800万ドル(約7億2600万円)でトップ選手の1人となった。

 キム・ヨナが現代自動車(005380.KS)など大企業との結ぶ契約の多くは今年で切れるが、マーケティングの専門家は、バンクーバー五輪が期待外れに終わった場合、新たに契約が更新されることはないとみている。

 もし表彰台に上がることができなければ、テレビコマーシャルに出演しすぎてスケートがおろそかになった、とのバッシングを受ける可能性もある。

 バンクーバー五輪フィギュアスケート女子は23日にショートプログラム(SP)で幕を開けるが、19歳のキム・ヨナが表彰台の頂点に立てれば、韓国にとってスピードスケート以外で初の冬季五輪金メダリストとなる。

 韓国では、キム・ヨナはすでにメディアを席巻している。現地報道によると、キム・ヨナは過去1年間で、現代自動車やサムスン電子の携帯電話のほか、エアコンや化粧品、ヨーグルトなど14の企業・ブランドによる計18の広告キャンペーンに登場してきた。

 韓国の大手広告会社KPR&アソシエーツでスポーツマーケティングを担当するLee Chang-sik氏は「銀か銅メダルを取れば、多くの韓国人は彼女を励ますか慰めるだろう。ただ、メダルが取れなければ強い反発が生まれることになる」と話している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below