February 24, 2010 / 6:39 AM / 9 years ago

アラスカの先住民、「環境難民」として新しい村を建設

 [アンカレジ(米アラスカ州) 23日 ロイター] 米アラスカ州にある小さなユピク・エスキモーの村の先住民たちが、米国で最初の「環境難民」となろうとしている。

 人口約350人のNewtokという集落がある同州西部のNinglick川の両岸は現在、地球温暖化により急速に浸食が進んでいるため、住民たちは米軍の支援を受けながら、付近のネルソン島に海抜約300フィート(91メートル)のMertarvikという新しい村を建設している。

 2012年までには、住民の多くが新しい村に移住する予定という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below