February 25, 2010 / 6:18 AM / 10 years ago

トヨタ問題めぐる米公聴会、豊田社長は電子制御の問題否定

 [ワシントン 24日 ロイター] トヨタ自動車(7203.T)の豊田章男社長は24日、米下院監督・政府改革委員会の公聴会に出席し、トヨタ車の安全性をめぐる問題について個人的な責任を感じると表明するとともに、顧客の苦情を一段と真剣に受け止めていく考えを示した。

 2月24日、トヨタ自動車の豊田社長は米下院公聴会に出席し、安全性をめぐる問題について個人的な責任を感じると表明。写真は宣誓する豊田社長(2010年 ロイター/Jason Reed)

 豊田社長は「トヨタ車を運転していた人が事故に会ったことはまことに残念(deeply sorry)」だとあらためて謝罪した。

 ラフード運輸長官は、リコールされたトヨタ車を「安全ではない」と断定。

 それに対し、豊田社長は「すべてのトヨタ車には私の名前が入っている」として、誰よりもトヨタ車が安全であることを望んでいると述べた。

 一方で、意図せぬ急加速が起きた一因が、リコールの理由としているアクセルペダルが戻りにくいという問題やフロアマットによるものではなく電子制御の問題にあるとの見方は強く否定。「電子スロットルには設計上の問題はないと確信している」と述べた。

 ただ、電子制御スロットルシステムについては、外部コンサルタント会社のエクスポネント(Exponent)(EXPO.O)に調査を依頼したことを明らかにするとともに、同システムが原因の可能性があると指摘している南イリノイ大学のギルバート教授など専門家の意見も取り入れ、「業界全体で検討していきたい」と発言した。

 ポール・カンジョルスキ委員(民主党、ペンシルベニア州)は、米国でトヨタに対する訴訟が急増していることを受け、トヨタは事故による死傷者に補償する必要がある、と指摘した。

 タウンズ下院監視委員長は、トヨタが2007年に実施したフロアマットのリコールに関し、リコール範囲を制限することで1億ドルを節約したとする社内文書が明らかにされたことに言及し「トヨタは急加速についての報告を無視、あるいは最小限に受け止めた」と批判した。

 これについて北米トヨタ自動車の稲葉社長は、「就任して間もない自分へのプレゼンテーションのために社内のスタッフが作ったもの」と説明。

 豊田社長は「文書の存在を認識していない」としたうえで、「トップの異動があればプレゼンテーション文書を作るのはどこの会社でもやっている。そういう文書があるのは、一般的には問題ないと思う」と答えた。

 これに対し、ミカ議員(共和党、フロリダ州)は、稲葉社長に対して「あなたには困惑させられている。全米10カ所のトヨタ工場で働いている多くの労働者も困惑している」と述べた。

 一方、ラフード運輸長官は、トヨタ車の保有者に対し、車をディーラーに持ち込むようあらためて求めると同時に、米道路交通安全局(NHTSA)が電子制御システムに問題がある可能性について徹底的な調査を行う考えを示した。

 NHTSAに対しては、チュー委員(民主党、カリフォルニア州)から、自動車業界の「監視役(watchdog)」でなく「愛玩犬(lapdog)」になったのではないかと皮肉る質問も出された。

 トヨタ自動車の米国部門、米国トヨタ自動車販売(TMS)は24日、リコール対象車のオーナーに対し、迅速な修理や代替的移動手段を提供するといった支援策を講じることで、ニューヨーク州当局と合意。他の州とも同様の合意が結ばれる可能性があり、リコールに伴うコストは増加する見通しだ。

 豊田社長は24日の証言後、CNNの番組「ラリー・キング・ライブ」に出演。安全性の問題について個人的に責任を負う、と述べ、事故の被害者に対し最大限のことをしたい、との考えを示した。

 社長は、同社の安全性危機に対処するために、もっと迅速に関与しなかったことを、残念に思うと発言。

 トヨタは安全性の問題から復活できる、と表明したほか、今回の件が「ジャパン・バッシング」だとは思わない、との認識を示した。

 また、今後は顧客とより直接的に対話すべきだと思う、と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below