February 26, 2010 / 6:34 AM / 10 years ago

大手ヘッジファンド、ユーロ売りのポジション拡大=報道

 2月25日、ウォールストリート・ジャーナル紙は、一部の大手ヘッジファンドがユーロ売りのポジションを膨らませていると報じた。写真はユーロや米ドルの為替レートを表示する看板。ワルシャワで3日撮影(2010年 ロイター/Peter Andrews)

 [ニューヨーク 25日 ロイター] ウォールストリート・ジャーナル紙は25日、一部の大手ヘッジファンドが、ギリシャの債務危機を理由に、ユーロ売りのポジションを膨らませていると報じた。

 SACキャピタル・アドバイザーズ、ソロス・ファンド・マネジメントなど、大手ヘッジファンドの関係者は2月8日にニューヨークで開かれた夕食会に参加、その際、一部の参加者は、ユーロが1ユーロ=1ドルまで下落する可能性が高いとの見方を示したという。 

 「アイデア・ディナー」と銘打たれたこの夕食会は、調査・証券会社のモネス・クレスピ&ハートが主催。夕食会では、3人の運用担当者が、欧州の債務危機について話をしたという。

 このうち、SACの運用担当者、アーロン・コーウェン氏は、ギリシャ債務危機でユーロはさらに下落すると予想。ただ、SACがどのようなユーロのポジションを保有しているかは不明という。

 ヘッジファンド、ブリッジ・キャピタルのドナルド・モーガン代表も、ギリシャ危機は拡大し、最終的には米国の社債・地方債・国債にまで波及すると予測。

 グリーンライト・キャピタルのデビッド・アインホルン社長は、インフレの進行を理由に金に強気な見方を示した。

 ソロス・ファンドのある運用担当者は、金利は上昇する可能性が高い、と予測したという。

 この報道に関する関係者のコメントはとれていない。

 WSJによると、この夕食会とは別に、ゴールドマン・サックス(GS.N)、バンク・オブ・アメリカ(BAC.N)傘下のメリルリンチ(BARC.L)、バークレイズ(BARC.L)の3社も先週、投資家の委託でユーロ売りを出したという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below