March 4, 2010 / 3:20 AM / 9 years ago

ベルリン動物園のクヌート、去勢すべき=PETA

 3月3日、動物愛護団体PETAは、ベルリン動物園の人気者シロクマのクヌートは去勢すべきと訴えた。写真は2009年10月撮影のクヌート(2010年 ロイター/Fabrizio Bensch)

 [ベルリン 3日 ロイター] 動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)のドイツ支部は3日、ベルリン動物園の人気者、シロクマのクヌートについて、「恋人候補」として迎えられた雌のジャンナと血縁関係にあるため、近親交配を避けるため去勢すべきと訴えた。

 ジャンナは昨年、ミュンヘンのヘラブルン動物園からベルリン動物園にやってきた。PETAは、祖父に当たるシロクマが同じである2匹の間に子供が生まれた場合、障害を抱えるリスクがあると指摘している。

 クヌートは2006年生まれ。母親が育児放棄したため飼育係に育てられ、世界的な人気を集めた。

 ベルリン動物園の当局者は、ジャンナの滞在は一時的なもので、今夏にはミュンヘンに帰る予定だとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below