March 7, 2010 / 10:51 PM / 8 years ago

「特別な」人民元政策、最終的に廃止必要=中国人民銀行総裁

 [北京 6日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は、緩和的な政策の解除に伴い、ある時点で人民元の上昇を容認する方針を示唆した。全国人民代表大会に合わせて開いた記者会見で述べた。

 3月6日、中国人民銀行の周総裁が、「特別な」人民元政策は最終的に廃止が必要と述べた。写真は山西省長治の銀行。2月撮影(2010年 ロイター)

 総裁はこの「特別な」人民元政策は最終的には廃止しなければならないと表明。「こうした政策は中国と世界の景気回復に寄与してきたが、政策をどう解除するかという問題が遅かれ早かれ出てくる」と述べた。

 「非正規の政策を解除し、通常の経済政策に戻る際は、時期を極めて慎重に選ぶ必要がある。人民元政策についても同様だ」と付け加えた。

 総裁はまた、中国が保有している巨額の米資産について、その価値を維持できるのかどうか懸念を示した。しかし一方で、ドルは依然として、世界の貿易と投資で重要な役割を果たしているとの認識を示した。

 総裁は、銀行による地方政府への貸し出し問題については、実行不可能なプロジェクトに融資したり、値下がりする可能性のある土地を担保に融資する行為はリスクが高いとして、銀行に慎重な対応を求めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below