March 31, 2010 / 6:29 AM / 9 years ago

米歌手エリカ・バドゥ、JFK暗殺現場での全裸ビデオが波紋

 3月30日、米歌手エリカ・バドゥのJFK暗殺現場での全裸ビデオが波紋を呼んでいる。写真はスイス・モントルーのジャズフェスティバルで歌うバドゥ。2008年7月撮影(2010年 ロイター/Valentin Flauraud)

 [ロサンゼルス 30日 ロイター] 1963年にジョン・F・ケネディ元米大統領が暗殺された米テキサス州ダラスの現場で、米歌手エリカ・バドゥ(39)が撮影したビデオが物議を醸している。

 バドゥは、新アルバム「ニュー・アメリカ・パート・ツー(リターン・オブ・ザ・アンク)」からのファーストシングル「ウィンドウ・シート」のプロモーションビデオを30日に発表した。

 5分半のビデオの中で、バドゥは出身地でもあるダラスの中心部にあるディーレイプラザで服を脱ぎ、銃声とともに地面に倒れ込む様子を演じている。

 「ウィンドウ・シート」は悪霊などからの開放をテーマにした曲で、バドゥはダラス・モーニング・ニュース紙のインタビューに、元大統領暗殺現場がダラスで最も歴史的価値のある場所だと考え、撮影場所に選んだと述べている。

 バドゥは、90年代に「ネオソウルの女王」と称され、ジャズとヒップホップを融合させた音楽で人気となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below