April 6, 2010 / 6:02 PM / 10 years ago

米利上げまで時間かけ過ぎるリスクある=リッチモンド連銀総裁

 [ワシントン 6日 ロイター] 米リッチモンド地区連銀のラッカー総裁は6日、連邦公開市場委員会(FOMC)は利上げ開始まで時間をかけ過ぎるリスクがあるとの見解を明らかにした。

 同総裁はCNBCテレビのインタビューで「今回の(景気)拡大における今後のリスクは、(利上げ時期を)待ち過ぎることにやや傾くだろう。わたしはこれについてかなり警戒している」と語った。

 連邦準備理事会(FRB)が公定歩合を引き上げるとの観測が高まっているが、現在50ベーシスポイント(bp)となっている公定歩合とフェデラルファンド(FF)金利の格差について、ラッカー総裁は金融危機前の水準である1%まで拡大するか確かではないと述べた。

 連銀窓口貸し出しを利用しやすくするために公定歩合を50bpにすべきとの意見があるとした上で、まだ決定は下されていないと語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below