April 16, 2010 / 2:20 AM / 10 years ago

米国が新たな宇宙政策、2030年代半ばに有人火星探査へ

 4月15日、オバマ米大統領は新たな宇宙政策を発表し、2030年代中ごろまでに有人火星探査を目指す方針を明らかにした(2010年 ロイター/Jim Young)

 [ケープカナベラル(米フロリダ州) 15日 ロイター] オバマ米大統領は15日、米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターで新たな宇宙政策を発表し、2030年代中ごろまでに有人火星探査を目指す方針を明らかにした。

 オバマ大統領は集まった約200人を前に、2025年までに月よりも先に人を送るための宇宙船を開発すると発表。2030年代半ばまでに火星軌道に宇宙飛行士を送り、その後、火星への着陸も目指したいと述べた。

 有人火星探査の実現に向けた具体的なロードマップは示さなかったが、米政府は今後、宇宙政策に追加で総額60億ドルを費やす計画。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below