April 19, 2010 / 6:06 AM / 10 years ago

韓国の哨戒艦沈没、李大統領が原因の徹底究明を強調

 4月19日、韓国の李明博大統領が、哨戒艦沈没事件について原因を徹底究明すると強調。写真は現場海域を視察した李大統領(右)。3月撮影。韓国大統領府提供(2010年 ロイター)

 [ソウル 19日 ロイター] 韓国の李明博(イミョンバク)大統領は19日、先月に朝鮮半島西側の黄海上で起きた哨戒艦「天安」の沈没事故について、徹底的に原因究明する姿勢を示した。ただ、同国内で強まっている北朝鮮による関与疑惑については言及を避けた。

 この問題で北朝鮮側は17日、関与の憶測を全面的に否定。朝鮮中央通信社(KCNA)は、事故原因を特定できない中、6月に地方選挙を控えた韓国政府が原因をでっち上げ、北朝鮮に責任をなすりつけようとしていると非難した。 

李大統領は、主要テレビ局で中継された演説で「韓国の大統領として、天安の沈没原因を細部まで明らかにしていく」と表明。犠牲となった乗組員46人の名前を読み上げる際には声を詰まらせ、涙をぬぐう場面もあった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below