April 22, 2010 / 12:46 AM / 9 years ago

中国で今年後半にも初のREIT立ち上げ、最初は上海か

 4月21日、中国で今年後半にも初のREITが立ち上げられる見通しとなった。写真は上海で建設中のマンション群。7日撮影(2010年 ロイター)

 [香港 21日 ロイター] 中国は今年後半にも、国内初の不動産投資信託(REIT)を立ち上げる見通し。実現すれば、中国の不動産開発業者は資本調達が容易になり、投資家は選択肢が拡大することになる。

 まずは上海が、オフィスビルや倉庫などを所有する政府系グループの非上場REITを立ち上げる可能性がある。

 このほか、北京や天津も年内に非上場REITの立ち上げを目指しており、アジア太平洋地域で総額1000億ドルを超える規模の上場REIT立ち上げへの道が開かれる。

 上海などが立ち上げるREITは、個人および外国人投資家にも開かれたオーストラリアやシンガポールの典型的な上場REITとは異なり、国内機関投資家によりインターバンク市場で取引される。

 不動産サービス会社DTZの北アジア担当マネジングディレクターは「第2・四半期末に規則が発表される見通しで、試験的なREITに良好な反応が見られれば、さらに多くが立ち上げられるだろう」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below